HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 衣替えのシーズンに

衣替えのシーズンに

衣替えのシーズンにもダンボールは活躍します。

衣服を直すにはダンボールの箱がもってこいだからです。

子供たちの服も夏服から冬服に替わる頃、あるいはその逆の頃、日本では服をすべて入れ替えます。

実は、衣替えの習慣は日本では非常に古いものなのです。

もともとは宮中行事であった衣替え。

昔は旧暦の4月1日と10月1日に衣替えを行ったそうです。

この衣替えの習慣は江戸時代になるとさらに複雑になります。

なんと年に4回も衣替えしていたそうです。

しかもその決まりはかなり厳格できちんと守らないと罰せられたとか。

当時は、4月1日から5月4日の間と、9月1日から8日までは裏地付きの着物である「袷(あわせ)」を、5月5日から8月の末日までは、裏地のない単仕立ての着物である「帷子(かたびら)」を、9月9日から3月末日までは表布と裏布の間に綿を入れた着物である「綿入れ(わたいれ)」を着用しなければならなかったのです。

そして明治以降になって、現在のように、6月1日と10月1日に衣替えが行われるようになりました。

そしてこの習慣は、現在も続けられているというわけです。

衣替えは制服を着ている人には、とても大事なものですが、一般の人にはもう厳格に従うものではなくなっていますね。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。