HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 自分だけの本棚

自分だけの本棚

ダンボールの箱は、本や書類を収納するのにぴったりです。

子供たちが自分の身の回りのことに少しでも興味を持つようになったら、それは整理整頓に興味を持つようになるチャンスです。

特に本などは、なおしやすいですし、子供たちも興味を持ちやすいので、ダンボールに「○○ちゃんの本棚」といった名前をつけて管理することを習慣づけするとよいでしょう。

子供たちには、誰でも自分の大好きな本があるモノです。

そうした本を自分でダンボールの本棚に直すようにしつけましょう。

子供たちは、自分の大事な本を大切にしまうことに対して興味を持つことでしょう。

おもちゃや本を一緒にしまうのではなく、おもちゃはおもちゃ、本は本と分けて収納することも教えましょう。

そのことによって、知らず知らずのうちに整理整頓が身につくのです。

子供は誰も、自分自身の専用のものを持つのが大好きです。

ダンボール箱の自分自身の本棚は、きっと子供を喜ばせます。

きっと本を並べる順番にもこだわるようになるでしょう。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。