HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 自分だけの引き出し(1)

自分だけの引き出し(1)

子供が学校に通うようになると、多くのプリント類などを持ち帰るようになります。

また学校の教材でもプリント類が多くなってきます。

こうしたプリント類をきちんと整理するのは、子供にとって、実はとても難しいことなのです。

大人でも、書類の整理が難しいことからもそれは明らかです。

学校から親宛に配られるプリント、地域の自治会などで配られるプリント、また役に立ちそうなDMなど、整理するのは簡単そうでなかなか難しいものです。

まず、今、現在、いるものといらないものを分けなければなりません。

その上で、いらないものはすぐに捨てます。

それくらい簡単にできそうですが、実はこれすらそう簡単ではないのです。

書類に書いてある内容をいつまで覚えていなければならないのか、それによってはすぐに捨てられないプリントは案外多くなります。

さらに学校のお知らせのプリントは2週間も前に配られることも多く、実施される日まで置いておくとその間にもどんどんプリントは増えていきます。

こうした問題を解決するのが整理用のダンボールの小箱の引き出しなのです。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。