HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 小さなおもちゃをつくろう

小さなおもちゃをつくろう

車のような大きなおもちゃでなくても、ダンボールを使って、小さなおもちゃをつくることもできます。

ままごとで使うような道具なら、ダンボールでうまく作ることができるでしょう。

子供たちに作り方を教えて、自分たちで作れば楽しみも増すでしょう。

あるいはアクセサリーもダンボールで作ることができるでしょう。

ダンボールは素材が紙ですから、簡単に細く切ることもできます。

細いひも状のダンボールと、ダンボールの板を組み合わせることで様々なおもちゃを作ることができるでしょう。

ダンボールで作るおもちゃには、特に子供が小さい場合には、一枚の板のような紙が、手を加えることによって、自由にいろいろなモノに姿を変えることを見せることが重要です。

子供は、そのことに興味を惹かれ、自分でもいろいろなものを作りたいと思うようになるでしょう。

そのことがとても大事なのです。

それが子供の創造力を育むことにつながります。

ダンボールは小さな子供には切ることが難しいので、父親や母親との共同作業になるでしょう。

それがまた親子の絆を作るのです。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。