HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 段ボール電車のデザイン

段ボール電車のデザイン

「段ボール電車」は、段ボールを長方形の筒状にして、中にお子さんがはいるだけで十分に遊びはできます。

しかし、せっかく「段ボール電車」をつくるのですから、そのデザインに凝って見るのも楽しいのではないでしょうか?

「段ボール電車」のデザインとしてまず浮かぶのが、お住まいの地域の近辺を走る電車のデザインを真似て作ってみるととても電車に親近感が湧くと思います。

それにJRなら、乗客を運ぶ車両、貨物を運ぶ車両、特急やその他いろいろな車両が走っていますね。

それに新幹線なら、現在は北海道を除く各地に路線が伸びていて、それぞれの路線で独特のデザインの新幹線が走っていますから、親御さんはそれをお子さんたちと一緒に観察しながら作っていっても楽しいのではないでしょうか?

「段ボール電車」ですから夢のある電車を作るのも楽しいかもしれませんね。

実際に走っている電車を真似るのもよし、また、アニメや漫画には電車が主人公の作品が幾つかあると思います。 

お子さんにとってはそちらのほうが身近な存在かもしれませんので、そうしたものを描いてみるのもよいのではないでしょうか。

「段ボール電車」のデザインは全くのオリジナルのものを描いてみるのも良いかもしれません。

段ボールをひっくり返して組み立てれば、そこに自由に絵の具やクレヨンで絵を書いてみてもいいですし、また、自分の手に絵の具をつけて手の形をペタペタつけてみたり、また切り絵や折り紙を貼りつけてみるのも面白いかもしれませんね。

「段ボール電車」のデザインや作成って、お子さんのアイデアがすごく生かされるものですし、個性が出ますよね! 

そこお子さんがどんなことを考えているのか?どういう性格なのか?って「段ボール電車」のようなものを実際に作っていく過程や作られたものから見えてくるってことがありますよね。

そういう意味でも、「段ボール電車」をデザインすることって大人にとってもとても楽しいことのように思えます。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。