HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 箱から遊び道具へ

箱から遊び道具へ

ダンボールと言えばどうしても箱の形であるイメージなどが強いと思うのですが、そんなダンボールの形を変える事で、様々な遊び道具になる事が出来ると思います。

子供にとっては、ただ箱の上下を開き、そこに身体を入れて電車ごっこ、などと言って遊ぶこともあったのではないですか?自由に箱に落書きをして、自分だけのオリジナル電車を作ってみたり。

ただの箱というそれを遊び道具へ変える事は案外簡単なものですし、ダンボールは工作のしやすいという利点もあると思いますから、まずは子供に預けてみたり、大人がそういった工作の提案を子供にして一緒に楽しむというのもアリなのではないでしょうか。

大人の知恵と子供の興味心を利用し、ただのダンボールだったもので、ちょっとした遊び道具を作ってみましょう。

子供の頃の遊びと言えば?そう考えたときに、ただゲーム何だと今時の遊びばかりではなく、昔から好まれるような子供ならではの遊びを経験しておくというのも素敵なものなのではないでしょうか?

本来であれば子供は外で遊ぶべきだ、何ていう話をよく聞いたりもしますが、結局は身体を動かしたり自分の手で何かを作ったり楽しんだりするというのを子供の頃から慣れさせておくというのは、大人になってからも行動力などに繋がるものではないでしょうか。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。