HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 自分の手で生まれ変わらせる

自分の手で生まれ変わらせる

ダンボールを利用した工作というのは様々な種類のものがあると思いますが、本来であればそういったダンボール、使わなくなったらただ畳んでしまってそのまま終わりという事になり、ただ処分される事になってしまうのではないでしょうか?

皆さんになりに利用方法を見出すことで、自分の手でそのダンボールなどを生まれ変わらせることが出来るのです。

もちろん利用方法は人によって変える事が出来ると思いますし、皆さんにとってはどういった物が作れるのかというイメージも変わってくるでしょうけど、たかが紙から出来た箱であるそれも、子供の玩具やちょっとしたインテリアなど、様々な所に使えるという事を知っておくと便利なのではないでしょうか。

工作なんて考えると、それに使う素材などを集めるのが面倒だったりするかもしれませんが、ダンボールを集めるのには大した手間もかかりませんよね?

大きいダンボール迷路を作るなどというわけでなければ、ある程度少量のものでも工作は簡単に出来ると思いますし、子供の玩具としてであれば尚更、簡単に準備をして試しに作ってみる程度の事をしても良いでしょう。

木材などで子供に玩具を作ってあげようと思ったときに、その工作が初めてだった場合に不安になるのが「失敗」だと思いますし、大人であればある程度の工作は上手くいくと思っていても、いざ作ってみたら上手くいかなかったという場合もあると思いますので、ダンボールなどで気軽に作れるというのも魅力の一つでしょう。

子供の頃から創意工夫を覚えることで大人になったとききっと役にたつと思います。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。