HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 壁に落書きをしたがる子供たち

壁に落書きをしたがる子供たち

子供の頃というのは、壁や床などに何かと落書きをしたがる子などは居ませんでしたか?

部屋の壁などについ落書きをされてしまってそれで叱った事があるなんていう経験がある人も居ると思います。

そのお陰か最近ではそういった汚れの落ちやすい壁紙というのも紹介されているくらいです。

ですがそういった壁紙などがなくとも、ダンボールなどを利用するのも一つの手ではないでしょうか?

子供は大きいキャンパスに絵を描く事が好きだったりもしますので、ただのノートを渡すよりも、ダンボールやそのダンボールシートに沢山の紙を貼ったものなどを利用して、それに落書きをさせるのも良いのではないでしょうか。

案外広々使って落書きなどをすれば満足するために、壁などに落書きしてしまうのはそうやって用紙のサイズにとらわれたくないという子供の気持ちの表れであったりもしますので、こういう時こそダンボールなどを上手く利用してみてはいかがでしょうか?

箱を崩して、壁際にかけておいたり、床に敷いたりするのもありだと思いますし、箱のまま自由に落書きさせるというのでも良いでしょう。

ただ箱として使ったり、または何か工作をしたりして使う他に、その板自体に落書きをする、ただそれだけでも楽しめるというものがあると思います。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。