HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 自分の玩具箱

自分の玩具箱

子供の頃に購入をした玩具などというのは案外数が多かったりもすると思いますので、それらの片付けでよく親に叱られた事があるという人も居るのではないでしょうか?

玩具は一まとめにするように、玩具箱などを預けられていた人も居る事でしょう。

そんな玩具箱ですが、ただのダンボールを利用してその中に入れておくというのも良いですが、そのダンボールを一工夫するというのも面白いと思います。

例えば子供に自由に落書きをさせて、子供にオリジナルの玩具箱を作らせるというのも良いと思いますし、ある程度工作をして蓋が出来るようなものを作るのもありではないでしょうか?

そうする事で、使う時はある程度散らかるかもしれませんが、しっかり片付けをしたあと蓋をすれば、表からは玩具が見えることもなくすっきりと片付くのではないでしょうか。

片付けなどをしっかりしたい、そういうのが見えているのが嫌だと思う人には丁度良いものでしょう。

子供やその環境にもよるかもしれませんが、こうした玩具箱一つにもちょっとした工夫をするだけで、片付けが楽しくなるでしょう。

子供が片付けを楽しめるように、そしてその片付けが当然になるように、教育する上での工夫というのが必要になると思います。

知恵を使うことで脳が発達しまう。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。