HOME >> 電車ごっこと段ボール >> ダンボールの箱という形

ダンボールの箱という形

ダンボールというのはそもそも箱の形をしていますよね。

その箱の形を利用した工作というのも面白いのでは無いでしょうか。

子供に遊ばせるために、ダンボールを利用した電車ごっこ、などという物もありますが、あれらは箱の形を利用しているからこそ出来るものでもあるのではないですか?

箱を利用し、少しくりぬいて人の体を通して電車に見立てるというもの。

窓を作るのに板をくりぬいていくのも良いと思いますし、紙を貼り付けたりマジックや絵の具で色をつけても良いでしょう。

そういった楽しみ方も、子供にとっては良い思い出になるのではないでしょうか?

流石に大人になってからでは出来ない遊びという物でもありますから、色々と試してみるといいでしょう。

箱という形を生かした工作方法なので、案外細かく考える事なく簡単に作ることが出来ると思います。

下の形を生かすというのは楽なもので、1から工作する形を決めていかなければならないわけではなく、元々ある形をそのまま利用するために、多少の切り貼りで事は済むでしょう。

ダンボール自体畳んであったとしても、組み立てれば箱の形になる状態で手に入ることが多いでしょうから、それを生かせる物作りも面白いと思います。

箱を壊して山滑りなんてことも意外いはまるかもしれませんね。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。