HOME >> 電車ごっこと段ボール >> 遊び場作り

遊び場作り

子供の遊び場というのはどういった所になるのでしょうか?

公園であったりちょっとした広場であったりと、色々な場所はあると思うのですが、そういった遊び場が無い場合には子供は自分でその場所を作ることが難しくなってしまいます。

今ではゲームなどに集中してしまいがちな子供も居るので、まるでテレビの前が遊び場などというように出来ている子供も居るのではないでしょうか?

そういった事ばかりでは、自分から手を伸ばす遊びを楽しめなくなってしまいますので、大人はそういった子供へも遊び場の提供をしてあげてはいかがでしょうか。

外で遊んだりする事はもちろん、ダンボールや画用紙などを使った工作などでもそうなのですが、部屋の中でダンボールなどを利用した工作をするにしたって、その場所を子供たちに提供しなければなりません。

なので子供たちが自由に遊べる場所を、大人は作ってあげなければならないのです。

遊び場作りというのは色々な方法があると思いますが、それが家の中にしろ外にしろ、子供が場所を見つけられないのであれば、大人がしっかりと提供をしてあげるように心がけましょう。

下手に色んな場所で遊ばれてしまって散らかされるよりも、ちゃんとココと決めた場所での遊びをしてくれるほうが、親としても楽なのではないでしょうか。


電車ごっこと僕と段ボールは情報収集にお役立てください。

このサイトでは、思い出の遊び方や段ボールの整理法などをお話しています。